2013-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

循環する

akaminesan.jpg
土曜日に長崎の佐世保へ大分で循環農法をされているお百姓の赤峰勝人さんのお話を聴きに行ってきました。

赤峰さんの所へ3日断食をしに行った時の様子はこちらからどうぞ→

古希を迎えられたという赤峰さんは相変わらず威風堂々とそれでいて穏やかで
朗々と響き渡る落ち着いた口調が耳に心地よく
たっぷり3時間近くさまざまな話を聴かせてくれました。
ご一緒したまきちゃん先生も感想をブログに書かれていますので是非ご一読を→

写真の「ニンジンから宇宙へ」は初版から20年近く経ち
大幅に加筆訂正を加えられた改訂版です。

この本を今読んでいるのですが本当に良い本だと思います。
若杉ばあちゃんといい大事な自分の時間を割いてでも
私達に大事な事を伝えようとしてくれる方達の言葉に
もっと多くの人が耳を傾ける必要があるとひしひし感じています。

講演会も100~150名はいたでしょうか、でも年齢層が高くて
若い世代にこそこういう話を聴いてもらいたいと思いました。
2倍3倍もっともっと多くの人とわかちあいたい内容です。
というわけで今度からは微力ながら私も勝手にお知らせ係を務めようと思います!

赤峰さんのホームグラウンド大分では
月に一度問答塾が開かれています。
参加資格は赤峰さんの本を何か1冊でも読んでいる人。

詳細はこちらから→なずなの会

全てのいのちも日々のおこないも感情も宇宙の仕組みに沿ってグルグルと巡って
循環しているという事。
身体の中も外も全部グルグルと巡っているんですよね
これは冷えとりでも同じですよね、血と気の巡りを良くする事で
どんどん元気になっていく。
でも今はその巡りを澱ませ停滞させるような食べ物や事があまりに氾濫して
大事な直感や本能がマヒしちゃってる。
その澱みや停滞が心と身体の病気を引き起こすんですね。
私が健康を損ねたのもほんとその澱みだったと思います。

「塩を愛して砂糖を減らして」

この言葉にあなたは首をかしげますか?
それともわかるわかると頷きますか?

それがどうしてなのかもわかりやすくこの本に書かれています。


大きい巡り小さい巡りが無数に渦巻きあう中で私達は生きている。
無数にと書いたけど無数でもあり1つでもありますね。
なんかね、それを意識しだすと本当に面白くなってきます。
元気にもなるし、まっとうにもなる、色んな事が整ってくると思います。

改訂前のあとがきにこんな言葉がありましたので一部紹介します。

・・・・・・・・・・・

この本はあなたの手に取られ
繰り返し読まれ、頭の中で何度も検証され、
そしてある日ストンと心の中に落ちるでしょう。
その日からあなたの愛する心が始まります。
難しいことではありません。
ただ愛すればいい。たったそれだけのことです。
草木を愛し、太陽を愛し、大地を愛する。
それは自分自身を愛することにもつながります。
あなたが始めた愛する心も憎む心も、
どこかでなくなったりせずに宇宙を循環し、
やがてあなたのもとに帰ってきます。
あなたの心だけが、世界を変えられるのです。

ニンジンから宇宙へ・赤峰勝人さんの初版のあとがきより

・・・・・・・・・・・・・・・・

前にも書きましたがまずは自分を大事にして心と身体に余裕を作ること
次にその余裕で誰かの事を思い、いたわってあげる事ができれば
とても素敵な連鎖が生まれていきますね。

そうそう、赤峰さんこんな事もおっしゃってました。

女性は子宮と言う宇宙を内包しているのだから
直感を大事にして下さい。知識に邪魔をされないように。


ですって。昔から女の直感は鋭いと言いますものね。笑
直感磨いてしなやかに軽やかに行きましょう、生きましょう。
スポンサーサイト

これからの予定と8月の庭

みなさまいかがお過ごしですか?
ここ数日は暑さもひときわ増していますが
我が家ではクーラーなしはあたり前で
ここ数日はようやく日中も扇風機をつけている、といった具合です。

私はといえば相変わらず冷えとり健康法を実践していて
毎日靴下10枚前後重ね履きして過ごしているんですよ~
聞いただけでクラクラきますか?笑

下半身は夏でも温かく、上半身は室内ではキャミソールで
頭寒足熱。この所長時間の半身浴があまりできていませんが
もはや冷えとりが完全に暮らしの一部と化してしまい
おかげさまで元気に過ごしています。

11月17日にはまた長崎から  まきちゃん先生をお呼びして
福岡東区にあるバーグマンさんで2回目の冷えとり勉強会を開きます!
募集はまだ先になりますが気になる方は是非今から予定を空けておいて下さいね!

そして私の秋の展示予定ですが今年は個展を延期したのでのんびりです。

来月の19日から始まる北海道札幌の工芸ギャラリー青玄洞さんで「美しい手仕事・暮らしの道具展」

もうひとつは11月に千葉でのグループ展に参加予定です。

あとはひたすら納品制作を頑張ります。

バーグマンさんで秋に茜染めのWSができればと考えています
(これから友子さんとどうしようか相談します(笑))


それぞれまた近づきましたらお知らせしますので
今シーズンもどうぞよろしくお願い致します!

130612h.jpg
さて真夏の我が家はこんな感じです。
レモン、胡桃、シークワーサー、柿など青い実ばかり。
これから台風シーズンになるのであまり発生しない事を祈るばかりです。
胡桃は土用を迎えた頃から葉がどんどん落ちて秋の準備に入っています。

130612i.jpg
セイヨウニンジンボクの花にしばし涼を感じます
(実際は撮影中に蚊にボコボコにされています、、、)
今年は白い方の花が全然咲きませんでした。

130812k.jpg
トゥルシー(ホーリーバジル)はグングン伸び盛りです。

今日はまだ書きたい事があるのでそれはまた別にアップします。

バーグマンさんでのWS終了しました!

130805a.jpg
きのうはバーグマンさんで玉ねぎ染めのワークショップの日でした。
ご覧くださいこの気持ち良さそうにはためく黄色い布たち!
参加者4名にバーグマンさん達も加わって7名分の布。

最初に媒染液に浸けて発色するまでは結構スリリングでドキドキします。
だってせっかく楽しみに来て下さってるのに
うまく発色しなかったらねぇ、、、
だから必ず自宅で本番の半分量の材料で試し染めをします。
そうしたら倍量使って失敗する事はまずないので、、、


130805e.jpg
今回は福岡県新宮にあるいわくま農園さんのご協力により
なんとコンテナ10箱分もの玉ねぎの皮がお店の一角に
ドドーンと積まれていて壮観でした。
参加者のみなさんにもおすそわけできてそれでもまだたくさんあるのを
車に積んで帰ってきました。

130805b.jpg
これでまたご要望があればWSできます。
バーグマンさんでもまた2回目が開催されそうな予感、、、
今度は茜染めかな?

良い空間で同じ時間を共有できるというのも
ご縁を感じます。
みなさんありがとうございました!
忘れない内にお家で復習してみてくださいね。

玉ねぎの皮は染めるものの半分の重さがあれば
充分濃く染まります。

洗濯ネットにいれて水からグツグツ、沸騰してから
15分ぐらい、でもこんな時間はあくまで目安でしかありません。
皮からどんどん色が出てくるからよく観察しながら
煮出してくださいね。色が出る内は何度でも煮出して液を
取る事ができます。

わからない事や忘れた事はメールで尋ねて下されば
お答えします。

図書館の児童書コーナーは意外に草木染めの本が
充実していたりもします。

染料図鑑なんていうのもありますからそういうものを片手に
道端の草を観察するのも楽しいと思います。
いつもと同じ場所が案外お宝スポットだったりするかもしれません^^


おまけ

130805d.jpg
トリミングが終わったチワ子とがおをお迎えに。
つむぎは少し前に柴犬カットで涼しくしてもらったら
ちょっと元気が出たみたい。13歳だけどまだまだ若いよ!

おまけ2

130805c.jpg
友人からもらったトゥルシー(ホーリーバジル)
育ち方がこんなに違ってきましたよ。
右がダントツで大きくなっています。
強い生命力!
友人は種や苗を色んな人に分けて広めているんだと聞いて
私もそうしようと思っています。
この葉っぱをドライにしてお茶で飲むととっても良い香りで
美味しいんです。
2009年に工房からの風に出た時、最後にらふとで飲んだお茶は
加賀棒茶とトゥルシーのブレンドだったかな、とても美味しかった
記憶があります。懐かしい、、、^^




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふじわらみどり

Author:ふじわらみどり
佐賀で毛織物制作の日々。

hp:てくてく堂
face book
twitter

カテゴリ

2012年活動予定 (2)
お知らせ (80)
制作つれづれ (254)
311以降の生活 (119)
生活 (110)
冷えとり健康法 (9)

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。