2010-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古材の森・胡桃庵

20101130a.jpg
本日は来月&来年に向けての下見と打ち合わせを兼ねて外出。
12月8日にある「くらしのタネ」の会場となる古材の森さんで
胡桃庵のトモカさんと待ち合わせ。
我が家から三瀬越えルートで1時間半ぐらい。
明治に建てられたという趣のある建物でした。
中もシックで素敵です。

20101130b.jpg
古材の森ランチを頼みました。
トモカさんはチキン南蛮だったっかな?私のはカワハギの煮つけ。
(既に一口食べてしまっていたりする)
美味しかったです。これに食後の飲み物とケーキがついています。

自分のブースの広さを確認できてよかった。
ワークショップの内容もやっとかたまりました。
段ボール機で小さい袋を織ってみましょう。

当日、お隣は陶の下岡由枝さんとガラス盛國泉さんが2人で1ブース。
お向かいは杉の木クラフトさんです。

20101130c.jpg
ランチの後はトモカさんのお店、胡桃庵へ移動。
来年1月末の企画展にティーマットをメインに参加させていただきます。
そしてまたここでもワークショップをするので
どんな内容にしようか打ち合わせ。
楽しいものになりそうです!

ウェブショップではみられない器も色々あって
お財布のヒモが緩んでしまうキケンな場所ですね(笑)

海が近い山側の立地って理想的。
ご夫婦で畑とお米作りもされていて
今年は150kgものお米を収穫されたそうです。すごい!
そしてなんとその大事に育ててこられた
お米をおすそわけでいただいてしまったのです。
畑に一緒に行って採れたてのかぶと大根も!
これは帰宅するとちょうどヤギがクリームシチューを
作るところだったのでかぶを投入。
柔らかくて瑞々しくてとても美味しくてかぶを見直しました
(嫌いではないのですが我が家では出番が少ない野菜だったのです)
お二人の努力の結晶のお米、大事にありがたくいただきます。

ダックスのももとあんじにもはじめまして。
12歳と11歳だけど元気で人なつっこくて可愛い~

杉の木クラフトの陽子さん&ボクちゃんにも畑で会ってはじめまして。
工房からの風に出展した時、参考にいただいた小冊子に
寄稿されていたご主人の文章を読んでいてお名前は随分前から知っていました。
大分から福岡の糸島に越されてきてそれが偶然トモカさんのお隣りだったそうです。
そんな事もあるんですね。

海と山に囲まれた自然豊かな糸島をグッと身近に感じた一日でした。
スポンサーサイト

ギュギュっと

20101129b.jpg
中身のギッシリ詰まった1か月でした。
色んな場所で色んな人やモノに触れて新たに感じた事も色々。

美味しいもの月間でもあります。
おとといはヤギ&ヤギ友の釣果、小アジの天ぷらと
焼き牡蠣(これは買った)で一杯。

きのうは柳川のWAMさんでローフードランチ。
その後は大牟田のneiさん。
もりのにわのみほさんのパンもヤギ友や友人達に
おすそわけしてあっという間にこれだけだけど
美味しいものは1人占めするよりみんなで共有した方が
余計に美味しく感じるもんね。

おすそわけすると別の所からおすそわけが届きました。
りんごと自家製ジャムと栗のお菓子、、、嬉しい。。アリガトー
私の方が何か送らなくてはいけないのにいつも出遅れています。
早速シャリシャリと美味しくいただいてます。感謝感謝。

実家で採れた無農薬レモンをお土産に持ってきてれくたのは
Sさん一家。ご主人が大工さんと一緒に建てた阿蘇のお家で
使うヤギ家具を引き取りに午前中来訪。
奥さんのMさんはお若いけれどもとても落ち着きがあって
穏やかで素敵な声の持ち主。
人の精神状態ってものすごく声に出ていると思う。
凛として澱みがない感じにいつも感心してしまいます。
この先阿蘇で面白い事を色々されるんではないでしょうか
要注目だなぁ、、、すごく楽しみにしてます。


20101129c.jpg
パケ買いしてしまったヂャンティ織器・・・
付属の長い針が椅子敷きの房始末に有効利用できそうで
思いがけない収穫。
下の生地はポンチョを自分で縫おうと思って買ったもの。
他にもスカートやパンツを作りたくて洋裁の本を買ってしまいました。
果たして着られるものができるでしょうか。

土曜日に佐賀県立美術館へ観に行った緞通展。
中国緞通、鍋島、赤穂、堺緞通をじっくり観てきました。
圧巻は中国緞通。皇帝の為に織られた敷物は
文様にもそれぞれ意味が込められ、曼荼羅のように思えるものも。
小宇宙、結界、魔法陣、、、
展示されていた中国緞通を例えようと思うと
こんな言葉が浮かんできます。
国宝級のものも3点ありました。
高貴な方が使う敷物にかけられた途方もない手間と技術。
使いこまれて擦り減ったウールのへたり具合いにホレボレしました。
あとは草木染めの技術にも。

中国から日本へ緞通の技術が伝わったのが今から340年前。
佐賀の扇町で生産されたそうです。
当時は将軍家への献上品に用いられて一般への売買は禁止されていて
やはり高貴な人しか使えない特別なものだったらしいです。
明治以降は一般にも解禁となり鍋島緞通の名称が定着。

堺緞通は輸出が盛んだったようで一時期は生産が追いつかなかったのか
緞通ではなくその柄を捺染したものが生産されていたみたいで
1点それが展示されていて、堺商人のたくましい商魂をみるようで
興味深かったです。

素晴らしいと思う気持ちと作ってみたいかどうかはまた別です。
緞通の実演もやっていてしばらく見学していたけれど
自分でもやってみたいという気はは全く起こらなかった。
・・・個人の仕事として成立させるのは厳しいなぁと
現実的に考えてしまったと言う方が
正しいかもしれません。

すっきり

20101126.jpg
今日からヤギ友が泊まりにくるというのをおとといぐらいに聞きつつ、
作業が押していて掃除もできず今日まで。
どうにかお昼すぎからしばらく作業机と化していた大きいテーブルを
ダッシュで片付け初めて久しぶりに広い天板を拝みました。
(人が来た時はここでご飯を食べるので)

観たい展示に行くならもう明日しかない事に気付いて愕然・・・
1か月が40日ぐらいあったらいいのにって思います。
あと4日で12月なんてウソみたい。

メールのお返事があれやこれやでできておらずスミマセン。

どどーんと追記

↓下の東京滞在記、追記しました。
写真を全然撮ってないのが悔やまれます。
殆どフィンばかり撮ってました(笑;)

アヤちゃんの素敵ハウスとか薪ストーブで
焼いたピザとか、前日の絶品肉じゃがとか!ああ、、、

とれた

再び紡いで織る日々。
なぜか関東よりも寒い佐賀の我が家。

風土さんでの展示も無事に終了しました。
お買い上げくださったみなさまありがとうございました。
嬉しくありがたく
店主の浦田由美子さんよりお話を聞かせてもらっております。

Read More »

ヌノ・ヒト・イヌ

20101122.jpg
予定より1泊多く滞在して本日帰宅しました。
お天気にも恵まれ佐賀よりも暖かい関東での充実の数日でした。

面白いなぁ、人との出会い。

・・・・・・・・・・・・・・・

金曜日。

綿を紡いで、染めて、織って、、、そして着物に仕立てるまで。
こんな気の遠くなるような事を1人で全てこなす若き織り姫さんと
一度ゆっくり話してみたいとずっと思っていました。

名前を和田真紀さんと言います。

1枚の着物を半年近くかけてじっくりと制作されています。

飛行機が遅れたのと羽田から西東京までは思っていたより移動に時間がかかって
滞在時間が短かったのが心残り。東京は広いですなー
(中央線沿いの駅名も途中下車してみたくなるとこばかりでした。寄り道もしたかった~)

とっぷり日の暮れた頃に電車とバスを乗りついてやっと到着。
美味しいお鍋と一度行ってみたいと思っている栃木のココ・ファームワイナリーのワインに感激。

サザエさんがでてきそうな素敵な一軒家で
真紀さんがコツコツと取り組まれてきた着物を
じっくりと拝見。同じ糸を紡いでいるといっても
私の場合はウールの敷物用です。
着尺用に紡がれた糸が木枠に巻かれているのをみて
あまりの細さにめまいがしました(笑)

黙々と糸を紡ぐ真紀さんが積み重ねてきた時間の結晶ですね

紡ぐ素材、作るものによって「手紡ぎ糸」といっても
撚り加減から細さまで千差万別。
とても新鮮な衝撃を受けました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

土曜日。

昭島のビジネスホテルまで従妹が車で迎えに来てくれる。
青梅にあるお寺さんへ行く途中、富士山がチラリと見えた!
妹と私は「こういう東京なら楽しく住めそうやね」と同じ感想を持ちました。

法事も無事に終わって会食をすませ、「牛浜」から「東中野」へ移動。

敷物の伊藤久仁子さんにお会いできました。
吉野綾さん&鎌倉で敷物を制作されているゴトウノリコさんのおかげで
私が行く事も知ってくださっていて色々とお話を伺う事ができました。
敷物の放つ存在感。
スケールの大きさに本当にホレボレとみとれてしまい
時間を忘れて長居して堪能させていただきました。

素材と作品、作品とご本人との調和。

伊藤さんの事を知ったのはかれこれ10年位前に
買った小山織さんの布の本が最初です。
そう思うと10年越しでお会いできた方がてくてく堂のHPものぞいてくれた事があるという
事実を知ってものすごく不思議でした。

私はまだまだ手探りだけど
自分に合ったスケールの敷物作りを深めていきたいです。
それが椅子敷きなのだろうか?
まだまだこれだと言い切れるほど色々作ってない。
続けていくうちに見えてくるものがあると思う。

ただ私の場合はやっぱり高機からは離れられない気がしています。
なんでだろう、「織る」という行為そのものが好きだから?、、、
うまく説明できませんが。


人に会って楽しいのは、相手を通して自分というものを
改めて感じとり、色々と考えるからかもしれないって最近よく思います。

Read More »

あれこれと

もう水曜かぁ、は、はやい・・・

Read More »

金曜から

日曜まで再び東京へ行ってきます。

Read More »

岡 文女 ホーム・スパン展

20101111.jpg

5月の岡山でお世話になった
岡 文女さんの個展のご案内です。

岡 文女 ホーム・スパン展

神奈川・Khaju Art Space

11月28日(日)~30日(火)10:00~17:00

・・・

私の母と1つ違いの岡さん。
自然に囲まれた素敵な一軒家で
羊毛を染めて、紡いで、織って、、、
ゆったりとした暮らしのリズムに合わせて
ずっと布を生み出し続けてきた人。
織物の大先輩です。

マクロビにも精通されていて、ものすごくお料理上手な方でもあります。
とにかく話の引き出しがたくさんあって話題が豊富なので
いつまでもお話を聞いていたくなるような
とっても素敵な方なのです。


岡さんのお家に泊めていただいた時の様子はこちらの12日の所をご覧ください。


神奈川の鎌倉にそんな岡さんの色とりどりの暖かい巻物が揃います。
3日間のみなので関東のみなさん、どうぞお見逃しなく!

岡さんからDMと切手をお預かりしていますので
DMご希望の方はメールフォームよりドシドシ!ご連絡くださいね。
お待ちしてマ~ス!

久しぶりに

20101110b.jpg
京都・風土さんでのぬくぬく小物展いよいよ明日からです。
紅葉がちょうど美しい頃ではないでしょうか?
秋の京都へ是非お出かけくださいませ。

Read More »

思い出の味と時間についてとりとめもなく

今朝目覚めたら、寒さがまた一段階増していて
1日中、薪ストーブ。
犬達もみんな暖かい場所を求めて
クルンと丸まって寝ていました。

Read More »

しあさってから風土さん

夕方、京都の風土さんに発送しました。
椅子敷きと定型外のちょっと大きめマットが20枚ほど
あとはティーマットなど小さいもの。合わせて30点ぐらいです。
DMは書きあがった頃に日が暮れてしまいました。
切手がすぐになくなります。明日の朝切手を買いに行って投函してきます。

関西方面のみなさま、秋の京都観光を兼ねて
是非風土さんへお立ち寄りくださいませ!
どうぞよろしくお願い致します。

Read More »

二人展最終日

古橋治人さんとの二人展、本日で無事終了致しました。

期間中足を運んで下さった皆様、

ブログで展示のお知らせをして下さった皆様、

そしてこのような機会を与えて下さったヒナタノオトの皆様、

本当にありがとうございました。

心が何か温かいもので満ちているような感覚が
この1週間ずっと続いていました。

嬉しい気持ちと身が引き締まるような気持ちを抱えて
またいつかみなさんに再会できるように頑張ります。

この後の予定は・・・

Read More »

高野山へ

織りの調子もあがってきた所で
またもやタイムアウト。

Read More »

日本橋散歩記録

20101102.jpg

Read More »

帰宅しました。

こんばんは。

夕方無事帰宅しました。

初日の天候が悪い中、足をお運び下さった皆様、
本当にありがとうございました。
みなさんがまるで申し合わせたかのように
入れ替わり立ち替わり途切れなく訪れてくださったおかげで
お一人お一人とゆっくりお話もできて
この先も忘れられない1日になりました。

2日目もあっという間に1日が過ぎてしまい
名残惜しいぐらいでした。
今もお会いしたみなさんのお顔を思い浮かべながら
ご褒美のような時間だったなぁと感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。


初めて実物を拝見した古橋さんの作品と優しくて気取らないお人柄も
本当に素敵で、ご一緒させていただいて光栄でした。
古橋さんありがとうございました!

来てくださったみなさんの雰囲気とお店の雰囲気が
本当に和やかだったおかげで
終始幸せな気持ちで過ごす事ができました。
細やかな心配りをしてくださった稲垣さん本間さんありがとうございました!

取り急ぎお礼まで。




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

ふじわらみどり

Author:ふじわらみどり
佐賀で毛織物制作の日々。

hp:てくてく堂
face book
twitter

カテゴリ

2012年活動予定 (2)
お知らせ (80)
制作つれづれ (254)
311以降の生活 (119)
生活 (110)
冷えとり健康法 (9)

最新記事

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。